[PR]

 埼玉県東松山市を主会場に11月1~3日に開催予定だった第43回日本スリーデーマーチ(東松山市、市教委、日本・県ウオーキング協会、県、朝日新聞社主催)は、新型コロナウイルスの感染予防のため中止が決まった。4日、市などの実行委が判断した。昨年の前回大会が、台風19号による被害で初めて中止しており2年連続となる。

 同マーチは、のべ約8万人が参加する日本最大のウォーキング大会で、3日間に5~50キロの計19コースで里山などを歩く。東松山市によると、中止の理由は、スタート地点などで密集が避けられず、参加者やスタッフ、沿道住民らの安心、安全のためなどとしている。問い合わせは実行委(0493・23・3330)へ。

こんなニュースも