[PR]

 リニア中央新幹線の建設工事をめぐる大手ゼネコン4社の談合事件で、独占禁止法違反の罪に問われた大成建設元常務の大川孝(69)、鹿島元営業担当部長の大沢一郎(63)両被告の公判が4日、東京地裁であった。検察側は2人に懲役2年、法人としての両社にそれぞれ罰金3億円を求刑した。

こんなニュースも