[PR]

 東京女子医科大学病院(東京都新宿区)で患者の女性が亡くなったのは薬の過剰投与が原因だとして、遺族が大学と医師2人に計約4300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が4日、東京地裁であった。佐藤哲治裁判長は「用量を上回る投与をした合理的な理由は認められない」として、病院側に計約1550万円の支払いを命じ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも