折々のことば:1837 鷲田清一

有料記事

[PR]

 たった今もわたしは、「正しさ」に溺れることなく、自分が言葉にするべきことを言葉にする、その責任の果たし方を模索している

 (温又柔〈おんゆうじゅう〉)

     ◇

 飲食店で、作家は隣の席から漏れてくる差別的な会話にたまりかね、抗議の言葉を連ねた。が、窘(たしな)めるにもひどく気遣ってしまう自分…

この記事は有料記事です。残り109文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る