豊島の浄化、なお途上 産廃撤去、合意から20年たつが

有料会員記事

[PR]

 国内最悪といわれる産業廃棄物不法投棄事件が起きた瀬戸内海の豊島(てしま)(香川県土庄町)。住民らが県に産廃の撤去を求めた公害調停の成立から、6日で20年になる。産廃の撤去と処理は完了したとされ、今は「アートの島」としても人気だが、現場では今なお地下水の浄化作業が続いている。

ここから続き

 茶色の山肌がむき…

この記事は有料会員記事です。残り1450文字有料会員になると続きをお読みいただけます。