[PR]

 ■「個性欠き懐古的な景観」と痛烈

 現代建築評論の第一線で活躍する五十嵐太郎氏が、東日本大震災から東京五輪に至るまでの、東京を中心とした建築シーンを分析する。新国立競技場や築地市場など社会を揺るがした問題にも正面から向き合い、建築のあり方を通して描き出す現代日本社会の批評は建築分野外の読者にも訴え…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも