[PR]

 米労働省が5日発表した5月の雇用統計は、失業率(季節調整済み)が13・3%となった。前月(14・7%)からやや改善したものの、戦後最悪水準の高い失業率が続く。全米で経済活動が徐々に再開し底打ちの兆しもあるが、雇用危機が長引けば、日本など世界経済の回復にも影響する。▼2面=格差露呈

 5月の失業率は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも