[PR]

 江戸時代、疫病を題材にした草双紙(小説本)、浮世絵、狂歌などが数多くつくられた。こうした大衆向けの出版物を収集している鈴木則子・奈良女子大学教授は、コロナ禍で江戸の人々への見方が大きく変わったと話す。現代に通じる「庶民の底力」とは。

 ■「はしか絵」で留飲下げ/笑い飛ばすこと不可欠

 江戸時代に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも