[PR]

 コロナ禍で臨時休館を余儀なくされ、当面の収入が見込めなくなり緊急の寄付を募った「原爆の図丸木美術館」(埼玉県東松山市)。美術館を支えようと国内外の4千人以上が応じた。同館学芸員・専務理事の岡村幸宣さんに、美術館のことや、いま「原爆の図」を見る意味について聞いた。

 ――私設の原爆の図丸木美術館は…

この記事は有料会員記事です。残り1497文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1497文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1497文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも