[PR]

 富山市の中心部、現在は歓楽街となっている同市桜木町の一角に幕末のわずかな期間、「千歳御殿」と呼ばれる広大な屋敷がたっていた。本作はその中心部を六曲一双の屏風(びょうぶ)に描いたもので、掲載図版はそのうちの御覧所の部分である。

 作者は木村立嶽(りゅうがく)。将軍家御用絵師だった木挽町狩野家にあって…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも