[PR]

 韓国の最大財閥サムスンの「世襲」をめぐり、グループと司法当局の攻防が山場を迎えている。現トップが自身の子供に経営権を譲らないと宣言した後、世襲がらみの不正容疑で検察の捜査のメスが入った。韓国経済の牽引(けんいん)役に今後、どんなシナリオが待つのか。(ソウル=神谷毅)

 ■異例、突然の「世襲廃止宣…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら