[PR]

 ドローンの測量データから作った3D地図をもとに、河川が氾濫(はんらん)した際の水の流れをAI(人工知能)が予測する――。東京大発のベンチャー企業が開発した技術が、全国の自治体から注目を集めている。これまで数カ月から数年かかっていた浸水被害の予測を、数時間で出せるためだ。

 開発したのは、数学を応用…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも