[PR]

 ■ひとり親ら、ぎりぎりの日常

 昼間のパートと、家事や育児の両立が難しくなった主婦たちの記事に、作家の桐野夏生さん(68)は目を留めた。主婦たちが「家族が寝た後の深夜に向かう」のは、弁当工場。その1996年7月の朝日新聞の記事は「土・日出勤も当たり前」とつづる。「すごく痛ましいと感じた」と、桐野…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも