(声)横田滋さんしのび、希望を消さぬ

有料記事

[PR]

 無職 清崎愛美子(熊本県 80)

 横田滋さんがとうとう亡くなられた。新聞やテレビの記事・ニュースも悲しみと憤りであふれ、涙声の記者さえおられた。

 横田夫妻の誠実で優しいお人柄は、周知の通りだ。以前、上京中、国会前で拉致被害者の方々の集会に行きあわせ、路上で声を上げる夫妻と言葉をかわす機会があっ…

この記事は有料記事です。残り310文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント