(声)短い言葉の強い印象、注意したい

有料記事

[PR]

 大学生 松浦拓海(東京都 20)

 3密、不要不急、ソーシャルディスタンス。コロナ禍という「緊急事態」の中、印象に残る短い言葉がある。健康を守るための言葉で便利かもしれないが、怖さも感じる。かつての「緊急事態」、つまり戦前・戦中のドイツや日本のプロパガンダに似ているからだ。

 現状を「ウイルスとい…

この記事は有料記事です。残り287文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント