(声)歩み重なるアサヒカメラと亡夫

有料記事

[PR]

 無職 佐藤武子(愛知県 90)

 「アサヒカメラ」創刊は1926年で亡き夫の生年と同じ。夫は学生時代の1940年ごろから、カメラの勉強に買っていたという。

 仕事の休みには、郊外の田園や人物などを撮影して回った。海外にも行った。フィルムカメラが好きで、台所にカーテンを引いて臨時の暗室を作り、こもっ…

この記事は有料記事です。残り228文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント