折々のことば:1845 鷲田清一

有料記事

[PR]

 親になるとは、許されることを学ぶことなのだ。

 (三砂〈みさご〉ちづる)

     ◇

 親はよくまちがう。よかれと思ってしたことが子どもを傷つけた、痛めつけていたと悔やむことが本当によくある。だから欠点だらけの「私」を許してほしいと祈るような思いでいると、保健学者は言う。子どもから許しを得ること…

この記事は有料記事です。残り65文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る