[PR]

 ■研究・マスコミ両立、最期まで現役

 この2冊は、今年3月に急逝した著者の遺著である。『「関ケ原」の決算書』の校正終了直後に没したという。

 学者はマスコミへの露出が増えて名前が売れると、本業が疎(おろそ)かになり本を粗製乱造しがちである。著者の活動には批判もあったが、メディア活動と研究活動を両立…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも