(Photo Story)「最後の関門」

有料記事

[PR]

 「工場名も名前も出せない。嫌がらせが心配だから」。東京都内で医療廃棄物の焼却処分を担う工場長(45)は言う。病院などから運ばれてくる、新型コロナウイルスに汚染されたごみの処理を行っている。

 ごみは千度近い高温で焼却、発生した灰は自動でコンテナに完全密封される。それでも「変なものをまき散らしている…

この記事は有料記事です。残り146文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載Photo Story

この連載の一覧を見る