折々のことば:1846 鷲田清一

有料会員記事

[PR]

 手も昔は足だった。

 (坂口恭平)

     ◇

 掴(つか)む、集める、分ける。手は足でなくなってこういう作業ができるようになった。料理がその一つ。家でできる、各地で採れた物を組み合わせる、そのつど完成する。だから移動が難しい時には手で旅をしようと、「自宅待機のプロ」を自認する建築家・作家は言う…

この記事は有料会員記事です。残り53文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る