(まちの記憶)亀戸 東京都江東区

有料記事

[PR]

 ■江戸の大火で整備、粋な行楽地

 江戸時代、花を愛(め)でる人々でにぎわう村落があった。現在の東京都江東区亀戸だ。パワースポットとしての魅力も兼ね備え、江戸っ子が舟で川を渡ってくる行楽地だった。

 たとえば、菅原道真公をまつる亀戸天神社。藤の名所として愛された。池の周りの茶屋から藤を観賞する人々…

この記事は有料記事です。残り2189文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載まちの記憶

この連載の一覧を見る