[PR]

 マニラの裁判所は15日、フィリピンのネットメディア「ラップラー」の最高経営責任者マリア・レッサ氏らが掲載記事で男性実業家の名誉を毀損(きそん)したとして、有罪判決を言い渡した。量刑は最長で禁錮6年とした。ラップラーはドゥテルテ政権への批判的な報道で知られ、国際人権団体などは判決について「政治的な動…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら