東京の陽性率0.10%、宮城0.03% 新型コロナ

有料会員記事

[PR]

 加藤勝信・厚生労働相は16日、新型コロナウイルスに感染したことを示す抗体検査を東京、大阪、宮城で実施したところ、陽性率は東京が0・10%、大阪が0・17%、宮城0・03%だったと閣議後会見で発表した。抗体が新型コロナウイルスへの再感染をどの程度防ぐ効果があるのか、国立感染症研究所でさらに研究すると…

この記事は有料会員記事です。残り368文字有料会員になると続きをお読みいただけます。