防衛相、迎撃システム「改修なら2000億円」 陸上イージス

有料会員記事

[PR]

 河野太郎防衛相は16日午前の衆院安全保障委員会で、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画停止について説明した。迎撃ミサイルを打ち上げた際に切り離す推進装置「ブースター」の安全な落下を担保するためのシステム改修には「恐らく2千億円、10年というコストと期間」がかかるとの見通し…

この記事は有料会員記事です。残り180文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら