(福岡伸一の動的平衡)コロナ禍で見えた本質 人もウイルスも、制御できぬ自然

有料会員記事

[PR]

 自然というもののありようをいま一度、きちんと考えてみたい。「新しい生活様式」推奨策のため、夏も近いというのに、海や山に行くのが憚(はばか)られるようになってしまった。でも、“自然”は私たちのごく身近にある。といっても近所の公園のことではない。私たちのもっとも近くにある自然とは自分の身体である。

 …

この記事は有料会員記事です。残り1551文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載福岡伸一の動的平衡

この連載の一覧を見る