[PR]

 〈四章 東京 その八〉の続き。鳳凰機関は、東條英機と石原莞爾が対中戦略で対立したまま日中戦争に突入。日本軍はすぐに敗退を重ねるようになる。今度は石原が、合意のないまま時間を巻き戻す。

 

 私は運転手に「今日は何年何月何日かね」と聞く。すると、なんと一九三七年の七月後半であった。支那事変(日中戦…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも