[PR]

 保育所で遊ぶ子どもの声が受忍限度を超えた「騒音」に当たるかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(伊藤正晴裁判長)は18日、保育所の工夫で声が抑えられているなどとして、近隣住民の賠償や騒音差し止めの請求は棄却した一方で、「騒音の程度や事情が変われば異なる判断があり得る」との判断を示した。

 訴えていたの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも