[PR]

 「彼らの仕事は恐怖を芸術と祈りに変える人間の力の証明です」

 (「原爆の図展」感想ノートから)

     ◇

 米国で巡回展をした丸木位里(いり)・俊(とし)夫妻の「原爆の図」。原爆は米国にとって今も勝利の象徴らしいと言う学芸員の岡村幸宣は、加害/被害の反転を描く《米兵捕虜の死》の前で苛立(いらだ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも