[PR]

 ■少年(1969年)

 大島渚作品の中で、なぜか「少年」の映像が時折、胸を横切る。主役の少年の目が突き刺してくるのだ。

 切れ長で一重の目は、かつての日本の少年が持っていた目。彼は黒地に金釦(ぼたん)の学生服、肩から白ズックの鞄(かばん)を掛けている。戦中、戦後の一時期までの典型的な制服姿だ。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも