[PR]

 ■疎外から尊厳への条件と処方箋

 直球の本である。主題の選択といい参照された文献といい、我が身も通ってきた道なれど、ど真ん中過ぎてたじろぐほどだ。しかし、ここに真正の〈問題〉があるのは、間違いない。

 国家を「国民、国土、国権」の三要素からなる社団と定義するのが今なお通説的見解だが、本書が示す平等…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも