(窓)雨戸の外から

有料会員記事

[PR]

 松田聖子がデビューした翌年の1981年。僕は「彼」に出会った。

 大学1年生の僕は、奈良の実家で、両親に買ってもらったドラムセットをたたくのが好きだった。友達とバンドを組み、ビートルズの曲をコピーしていた。時代は「昭和」だった。

 いつもは、近所の迷惑にならないように雨戸を閉めていた。でも、その日…

この記事は有料会員記事です。残り999文字有料会員になると続きをお読みいただけます。