(新型コロナ)障害者は問う、「命の選別」起きはしないか

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの第1波をきっかけに、障害のある人たちが「命の選別」を危惧しています。感染拡大により医療が崩壊する事態が起きたとき、障害者の命が軽視されることはないのか。今なお社会に残る優生思想や障害者の置かれた現状から、当事者たちは危機感を訴えています。

 ■救命治療での差別、「容認」の懸念…

この記事は有料会員記事です。残り1957文字有料会員になると続きをお読みいただけます。