[PR]

 自民党の二階俊博幹事長は23日の記者会見で、早期の衆院解散の可能性について、「年内に解散ということは頭の片隅にもない」としつつ、「いつ解散があってもいいという研ぎ澄まされた感覚で政治に臨んでいかなくてはならない」と語り、緊張感を持って備えていく考えを示した。

 一方、公明党の山口那津男代表は会見で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも