[PR]

 夏至の前後は、昼の長さをもてあますこともある。日暮れはまだかと待ちわびたのは、ホタルのすむ小さな谷に出かけたからだ。闇がだんだん深くなり、この日の舞台が整ってくる▼一つまた一つと光が飛び交い始める。さあ私たちの時間ですよと語りかけてくるようだ。〈蛍に暮れねばならぬ空のあり〉稲畑汀子(ていこ)。日が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも