流浪27年、日本で踏み出す一歩 迫害され故郷脱出・無国籍で欧州10カ国転々 難民認定の旧ソ連出身男性

有料記事

[PR]

 少数民族ゆえに迫害されて故郷を追われ、無国籍のまま27年間も諸国を流浪した旧ソ連出身の男性が今年、日本で難民と認められた。「退去強制命令を出すと地球上で行き場を失う」。無国籍者を難民と認めた判決に救われ、感謝を胸に東京で新たな一歩を踏み出した。(鬼室黎)

 男性は、現在のジョージアで生まれ育った…

この記事は有料記事です。残り1515文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント