(現場へ!)気候危機を止めたい:1 サンゴ礁、がれきになった

有料記事

[PR]

 気温上昇による海面上昇や気象災害などで、人類や全ての生き物の生存基盤が揺らぐ気候危機。これを止めようと、地球温暖化対策の国際ルールであるパリ協定は、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量を、今世紀後半に実質ゼロにすることを決めた。

 日本でもこの目標に向けて奮闘する市民たちがいる。まずは国…

この記事は有料記事です。残り1153文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。