(声)沖縄の「希望の光」、私も消さぬ

有料記事

[PR]

 介護施設代表 長三枝子(長野県 69)

 息子の一家が沖縄県糸満市で平和に暮らして十数年。私も沖縄を身近に感じるようになった。沖縄では未来を生きる人に悲惨な戦争体験と苦しい思いを伝え続けている。語り継ぐ人は年々少なくなり、人々の反応にむなしさを感じているとも聞く。沖縄戦の体験者を対象にしたアンケー…

この記事は有料記事です。残り237文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。