自民の定年、着地点どこに 対立両派が署名集め、幹部にも波及

有料会員記事

[PR]

 自民党が衆院比例区に設けている「73歳定年制」の是非をめぐり、党内で亀裂が生じている。見直しを求めるベテランと、堅持を主張する若手の双方が署名集めを実施。世代間対立が激化することを懸念し、一部の党幹部らが火消しに動く事態になっている。

 「若い人たちにしっかりチャンスを与えるためにも重要な制度だ…

この記事は有料会員記事です。残り1075文字有料会員になると続きをお読みいただけます。