有効求人倍率1.20倍、5カ月連続低下

有料会員記事

[PR]

 厚生労働省が30日発表した5月の有効求人倍率季節調整値)は1・20倍で、前月から0・12ポイント低下した。低下は5カ月連続で、下げ幅は第1次オイルショック後の1974年1月(0・20ポイント減)に次ぎ、過去2番目に大きい。総務省が同日発表した5月の完全失業率は2・9%で、同0・3ポイント悪化。完…

この記事は有料会員記事です。残り252文字有料会員になると続きをお読みいただけます。