[PR]

 仏像の素材や制作技法は、時代によって変化してきた。「銅造(どうぞう)」「木造(もくぞう)」「乾漆造(かんしつぞう)」「塑造(そぞう)」で、それぞれに特徴がある。

 仏教が伝来し、飛鳥時代(6世紀末~7世紀前半)が幕を開けると、鞍(くら)などの馬具制作に携わっていた渡来系の技術者が、家業の職能を生か…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも