[PR]

 現実の3次元空間を、2次元空間の絵画でどう表現するのか。消失点を設定する「線遠近法」(透視図法)は、イタリアのフィレンツェで建築家フィリッポ・ブルネレスキらが開発したとされる。ルネサンス初期、15世紀初めのことだ。実際の風景が絵の中にもある。初めて見た人の驚きはどれほどだっただろうか。

 「観月図…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも