[PR]

 ■会社の「らしさ」を考え抜く 「月刊総務」豊田健一(とよだけんいち)編集長

 総務と聞いて、どんなイメージを抱きますか? 番頭役、何でも屋? 地味? 世代によって違うかもしれません。「月刊総務」は1963年の創刊以来約60年。総務は、日本の会社のありようを映す鏡だなと感じます。

 高度成長期には…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも