[PR]

 香港での反体制的な言動を取り締まる「香港国家安全維持法」が中国の全国人民代表大会(全人代)常務委員会で可決、成立したことを受け、日本政府は30日、「遺憾」の意を示した。導入方針が決まった5月28日には、中国の孔鉉佑(コンシュワンユー)駐日大使を呼んで「深い憂慮」を申し入れたが、今回は「遺憾」という…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも