[PR]

 麻生太郎副総理兼財務相は公明党の斉藤鉄夫幹事長と会談し、衆院解散・総選挙の時期について意見を交わした。麻生氏が今秋の解散が望ましいとの考えを伝えた一方で、斉藤氏は早期解散に慎重姿勢を示したという。

 会談は29日、国会内で約40分間行われた。衆院議員の任期満了が来年10月に迫るなかで、麻生氏は「年…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも