[PR]

 30日に施行された香港国家安全維持法(国安法)により、国家の安全や体制にかかわることは、中国政府の監督・指導のもとで裁かれる仕組みとなった。中国政府の出先機関が新たに香港につくられ、反体制的な言動が「重大」と判断されれば無期懲役とも明記された。言論や集会の自由にも影響を及ぼしそうだ。

 これまで香…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも