[PR]

 旧優生保護法をめぐる訴訟の30日の東京地裁判決は、不妊手術の違憲性を認めつつも、原告側の請求を退けた。大きな壁となったのは損害があっても20年で賠償の請求権が自動的に消える「除斥期間」だった。被害者への一時金支給の支払いが滞るなか、制度改正を求める声もある。▼1面参照

 社会が不安定にならないよ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも