[PR]

 旧優生保護法の下で不妊手術を強制されたのは憲法違反だとして、東京都の男性(77)が国に3千万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は30日、原告の請求を棄却した。伊藤正晴裁判長は「強制的な不妊手術は憲法が保護する私生活上の自由を侵害する」と違憲性を指摘したが、手術から20年が経過して賠償請求権が消…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも