在日米軍経費80億ドル、同盟国と金銭取引 ボルトン前米大統領補佐官インタビュー

有料会員記事

[PR]

 米国のボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)が6月30日、朝日新聞のインタビューに応じた。6月に出版した回顧録で、トランプ大統領が在日駐留米軍の経費の日本側の負担額について、年間80億ドル(約8500億円)への大幅な増額を求めているとしたことについて、「同盟関係に金銭的な取引を持ち込むトランプ…

この記事は有料会員記事です。残り1234文字有料会員になると続きをお読みいただけます。