19年度税収、58兆円に減少 当初見積もり、4兆円下回る コロナ影響、法人税落ち込み

有料会員記事

[PR]

 2019年度の国の一般会計の税収が58・4兆円程度となり、3年ぶりに前年度を下回ることが分かった。昨年末時点では60兆円超の税収を見込んでいたが、新型コロナウイルスの感染拡大で予想を大幅に下回り、2年ぶりに60兆円を割り込むことになった。

 コロナの影響で2月ごろから経済活動が停滞し、法人税が想定…

この記事は有料会員記事です。残り312文字有料会員になると続きをお読みいただけます。