[PR]

 横丁のご隠居のごとく悠然としながら、奇抜な笑いを振りまく瀧川鯉昇は、コロナ禍で寄席が休席した2カ月をどう過ごしたか。出番前に聞くうち、話は思わぬ方向へ。

 6月から高座に戻ったが、何かが鈍い。「マクラが全部外れてる。お客さんの受けが弱いんですね。笑いを求めて来てるんじゃないのかも」。では何を? 「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも